アイフォン 6 バッテリー 交換の顛末(てんまつ)記

アイフォン 6のバッテリー が、突然減る?

自分のアイフォン バッテリー交換にいたった症状は

・アイフォン6購入後、2年目あたりから、バッテリーの減り具合があきらかに早くなってきた

・100%に充電した後、充電ケーブルを抜くとアイフォン6のバッテリー の残量表示が10%前後と、突然減る現象が出るようになった。

・ひどい時は、そのまま電源が切れてしまう。

・そして充電ケーブルを差し込むと直ぐに100%の残量表示に戻り、その後数日間は元に戻る。

と言った内容です。

このような症状が今後も出るかと思うと、変なストレスは溜まるし、通話が出来ないと話にならないのでバッテリー交換をすることにしました。

アイフォンのバッテリー交換は予約をしましょう

最初、アイフォン 6のバッテリー交換をしてもらおうと、購入したauショップに行ってみました。

店員さんいわく、アイフォンの修理等は、アップルストアかアップル正規サービスプロバイダに行くか、アップルの配送修理に出すしかないとの事でした。

そこで近くにある、アップル正規サービスプロバイダ(アップルの修理サービスカウンター)を教えてもらって行きました。

アップルの修理サービスカウンター窓口へ着いたと思ったら、予約をしていないと40~50分くらい待たないといけない様子だったので出直すことに(トホホ)しました。

数日後、インターネットで、アイフォン 6のバッテリー 交換の予約をしようとアップルのサイトから

《iPhone の修理 – バッテリーと電源》
⇒ https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/battery-power

を探して予約の手続きをしました。

自分の場合、2年すぎて保証対象期間も過ぎていたので保証対象外でしたが、 iPhone 6 以降のモデルの保証対象外バッテリーサービス料金は 3,200円(2018年12月31日までの間)と安かったのでラッキーでした。

ちなみに、3,200円は税抜なので、実際の税込金額は、3,456円です。

先ほどのページからApple 正規サービスプロバイダの予約をするわけですが、あらかじめ、データのバックアップをパソコンやiCloudでとって、「iPhoneを探す」の設定をオフにする必要があります。

ココらへんの設定は、予約完了のメールに記載されているので確認することができます。

予約した日時にアップルの修理サービスカウンター窓口へ行くと、予約してあるのでスムーズに対応してもらいました。

アイフォン6の蓄電容量は95%以上残ってた?

アップルの担当者の方にバッテリーの不具合について症状を説明すると、まずは、バッテリーの劣化具合を診断してみますと言って、パソコンにつないでチェックしてくれました。

診断結果でパソコンに表示された蓄電容量は、まだ95%だったか85%だかあるので大丈夫のようですねと言われてしまい、追い打ちをかけるように、お客様のアイフォンは、変形しているので、仮にバッテリーを交換しても、他の部品交換が生じる可能性もあると言われてしまいました。

とは言われても、ここ最近のバッテリーの不具合は、蓄電容量以外にもあるのは明確なので、交換してもらうことにしました。

アイフォンが変形していた事については、全く気づいていませんでした。

真ん中あたりが、カドが立ってる気もしますが、変形しているほどでは無いと思うのは私だけ?

アイフォンのバッテリー 交換の持ち時間は?

そんなこんなで、バッテリー交換の待ち時間じたいは10分くらいでした。

でもバッテリー交換の前後に、バッテリーの診断チェックやら症状の説明やらの話しが長びいたので、お店に入ってバッテリー交換してもらって、お店を出るまでのトータルの時間は、50分くらいかかりました。

他にもあるアイフォン バッテリー の劣化、充電の不具合?

知り合いから聞いた話では、ライトニングケーブル(充電ケーブル)の差込口にホコリが溜まって、挿さりが悪くなったったり接触不良によるバッテリー充電の不具合が生じる場合もあるようです。

そんな場合は、アイフォン購入時に付属していたSIMピンを使って、傷がつかない程度に差込口を掃除してみるといいようですが、自分のアイフォンは、ホコリは溜まっておらず以外にキレイな状態でした。

SIMピンって言うそうです

アイフォンも2年も使えばバッテリーが劣化するのは、承知していましたが、蓄電容量は80%以上も残っていたのには、ビックリでした。

ということは、AppleCare+ の保証期間の場合、「80% 未満に劣化した時点でバッテリーを無償交換します」と記載されているので、どのみち無償交換は出来なかったということになります。

なんだかんだで、2年サイクルで新機種に買い換えるようにできているのですかねぇ?

私は、バッテリー交換してバッテリーの持ちが買った頃に戻ったので、まだまだ使う予定です。

ガラケーのように自分で、バッテリーを交換出来る利便性の良さは代えがたいなとつくづく思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする